過去に存在した群馬県の町村です。
町村名画像訪問年月メモ
1新田郡強戸村 市町村ID:10B0090001
代表点:太田市 強戸行政センター (太田市菅塩町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 強戸村(旧)、寺井村、西長岡村、
 菅塩村、成塚村、北金井村と、太田町、天良村の各一部が合併し、
 強戸村が誕生
昭和32(1957)年4月1日 太田市に編入
2九合村
太田町
令和3(2021)年9月市町村ID:10B0090002
代表点:太田市役所 (太田市浜町)

<村の変遷>
・明治22(1889)年4月1日 飯塚村、東矢島村、西矢島村、
 新井村、飯田村、東別所村、内ヶ島村、小舞木村、新島村が
 合併し、九合村が誕生
昭和15(1940)年4月1日 太田町、沢野村、韮川村と合併し、
 新制太田町が成立
3世良田村 市町村ID:10B0090003
代表点:太田市 世良田行政センター (太田市世良田町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 世良田村(旧)、小角田村、
 徳川村、出塚村、粕川村、上矢島村、西今井村、三ッ木村、
 女塚村、米岡村、平塚村、境村(一部)が合併し、
 世良田村が誕生
昭和32(1957)年11月1日 村域が二分割され、一部は
 尾島町に編入
/残部は境町に編入
4生品村 市町村ID:10B0090004
代表点:太田市 生品行政センター (太田市新田村田町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 村田村、市野井村、市村、反町村、
 多村、多村新田、四軒在家村、小金村と、脇屋村、小金井村、
 天良村の各一部が合併し、生品村が誕生
昭和31(1956)年9月30日 木崎町、綿打村と合併して、
 新田町の一部になる
5太田町令和3(2021)年9月市町村ID:10B0090005
代表点:太田市 太田行政センター (太田市本町)

<町の変遷>
明治22(1889)年4月1日 町村制施行により、太田町が発足
昭和15(1940)年4月1日 九合村沢野村韮川村と合併し、
 改めて太田町が成立

・昭和18(1943)年11月1日 鳥之郷村を編入
昭和23(1948)年5月3日 市制施行し、太田市となる
6沢野村令和3(2021)年9月市町村ID:10B0090006
代表点:太田市 沢野行政センター (太田市高林西町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 福沢村、下浜田村、岩瀬川村、
 細谷村、米沢村、牛沢村、富沢村、高林村、古戸村、
 由良村(一部)が合併し、沢野村が誕生
昭和15(1940)年4月1日 太田町(旧)九合村、韮川村と
 合併して、新制太田町一部になる
7鳥之郷村 市町村ID:10B0090007
代表点:太田市 鳥之郷行政センター (太田市新野町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 太田町(一部)、長手村、鳥山村、
 鶴生田村、新野村、大島村(一部)が合併し、鳥之郷村が誕生
昭和18(1943)年5月3日 太田町に編入
8宝泉村 市町村ID:10B0090008
代表点:太田市 宝泉行政センター (太田市西野谷町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 藤阿久村、別所村、西野谷村、
 沖野村、上田島村、中根村、下田島村と、小金井村、脇屋村、
 由良村の各一部が合併し、宝泉村が誕生
昭和38(1963)年4月1日 太田市に編入
9綿打村 市町村ID:10B0090009
代表点:太田市 綿打行政センター (太田市新田大根町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 大根村、上江田村、上田中村、
 金井村、下田中村、花香塚村、嘉禰村、大村、上中村、溜池村、
 権右衛門村が合併し、綿打村が誕生
昭和31(1956)年9月30日 木崎町、生品村と合併して、
 新田町の一部になる
10木崎町 市町村ID:10B0090010
代表点:太田市 木崎行政センター (太田市新田木崎町)

<町の変遷>
明治22(1889)年4月1日 木崎村、中江田村、下江田村、
 高尾村、赤堀村が合併し、木崎町が誕生
昭和31(1956)年9月30日 綿打村、生品村と合併して、
 新田町の一部になる
11勢多郡横野村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0100001
代表点:渋川市 赤城三原田郵便局 (渋川市赤城町上三原田)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 三原田村、上三原田村、見立村、
 持柏木村、溝呂木村、滝沢村、勝保沢村、北上野村、樽村、
 宮田村が合併し、横野村が誕生
昭和31(1956)年9月1日 敷島村と合併して、赤城村の
 一部になる
12下川淵村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0100002
代表点:前橋市 下川淵市民サービスセンター (前橋市鶴光路町)
 ※「下川淵公民館」内

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 鶴光路村、亀里村、三公田村、
 横手村、新堀村、下阿内村、力丸村、徳丸村、房丸村が
 合併し、下川淵村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 前橋市に編入
13桂萱村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0100003
代表点:前橋市 桂萱市民サービスセンター (前橋市上泉町)
 ※「桂萱公民館」内

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 上泉村、江木村、亀泉村、堤村、
 堀之下村、石関村、東片貝村、西片貝村、三俣村、幸塚村、
 上沖之郷、下沖之郷、荻窪村が合併し、桂萱村が誕生
・昭和26(1951)年4月1日 村域の一部を、前橋市に編入
昭和29(1954)年4月1日 前橋市に編入
14荒砥村
城南村
令和6(2024)年5月市町村ID:10B0100004(荒砥村)、10B0100006(城南村)
代表点:前橋市 城南支所 (前橋市二之宮町)
 ※「城南公民館」併設

<村の変遷>
・明治22(1889)年4月1日 、荒子村、ニ之宮村、今井村、
 富田村、荒口村、泉沢村、下大屋村、飯土井村、新井村、
 西大室村、東大室村が合併し、荒砥村が誕生
昭和32(1957)年2月20日 木瀬村と合併し、城南村が成立
・昭和32(1957)年10月10日 村域の一部を、前橋市に編入
・昭和35(1960)年4月1日 村域の一部を、前橋市に編入
昭和42(1967)年5月1日 前橋市に編入
15上川淵村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0100005
代表点:前橋市 上川淵市民サービスセンター (前橋市後閑町)
 ※「上川淵公民館」内

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 六供村、市之坪村、上佐鳥村、
 朝倉村、後閑村、宮地村、下佐鳥村、島村と、紅雲分村、
 宗甫分村、前代田村、天川原村の各一部が合併し、
 上川淵村が誕生
・明治34(1901)年4月1日 村域の一部を前橋市に編入
昭和29(1954)年4月1日 前橋市に編入
16南橘村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0100007
代表点:前橋市 南橘市民サービスセンター (前橋市日輪寺町)
 ※「南橘公民館」内

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 上小出村、下小出村、青柳村、
 川端村、北代田村、下細井村、上細井村、龍蔵寺村、荒巻村、
 日輪寺村、関根村、川原島新田村、田口村が合併し、
 南橘村が誕生
・昭和29(1954)年6月4日 村域の一部を、前橋市に編入
昭和29(1954)年9月1日 前橋市に編入
17敷島村平成24(2012)年10月市町村ID:10B0100008
代表点:渋川市 赤城総合支所 (渋川市赤城町敷島)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 猫村、津久田村、長井小川田村、
 棚下村、深山村が合併し、敷島村が誕生
昭和31(1956)年9月1日 横野村と合併し、赤城村が成立
18芳賀村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0100009
代表点:前橋市 芳賀市民サービスセンター (前橋市鳥取町)
 ※「芳賀公民館」内

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 勝沢村、小坂子村、五代村、
 端気村、鳥取村、小神明村、嶺村が合併し、芳賀村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 前橋市に編入
19木瀬村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0100010
代表点:前橋市 小屋原町公民館 (前橋市小屋原町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 天川大島村、上大島村、上長磯村、
 女屋村、東上野村、野中村、下長磯村、小島田村、小屋原村、
 笂井村、下大島村、上増田村、下増田村、駒形新田が合併し、
 木瀬村が誕生
・昭和30(1955)年4月1日 村域の一部を、前橋市に編入
昭和32(1957)年2月20日 荒砥村と合併し、城南村の
 一部になる
20多野郡三波川村 市町村ID:10B0110001
代表点:藤岡市 三波川コミュニティセンター(藤岡市三波川)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 町村制施行にて、三波川村が発足
昭和29(1954)年10月1日 鬼石町、三原村と合併して、
 新制鬼石町の一部になる
21小野村 市町村ID:10B0110002
代表点:藤岡市 地域づくりセンター小野 (藤岡市森)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 森村、中栗須村、上栗須村、中村、
 森新田、中島村、立石村、立石新田が合併し、小野村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 藤岡町、神流村、美土里村、
 美九里村と合併して、藤岡市の一部になる
22神川村平成19(2007)年9月市町村ID:10B0110003
代表点:神流村役場 (多野郡神流町万場)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 柏木村、麻生村、生利村、万場村、
 塩沢村、森戸村、黒田村、小平村、船子村、相原村、青梨村が
 合併し、神川村が誕生
大正15(1926)年4月1日 町制施行/改称し、万場町となる
23神流村 市町村ID:10B0110004
代表点:藤岡市 地域づくりセンター神流 (藤岡市下戸塚)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 上戸塚村、下戸塚村、下栗須村、
 岡之郷村が合併し、神流村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 藤岡町、小野村、美土里村、
 美九里村と合併して、藤岡市の一部になる
24多胡村 市町村ID:10B0110005
代表点:高崎市 多胡公民館 (高崎市吉井町多胡)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 多胡村(旧)、高村、神保村、
 塩村、大沢村、東谷村が合併し、多胡村が誕生
昭和30(1955)年1月15日 吉井町、入野村、岩平村と 
 合併して、新制吉井町の一部になる
25藤岡町平成20(2008)年2月市町村ID:10B0110006
代表点:藤岡市役所 (藤岡市中栗須)

<町の変遷>
明治22(1889)年4月1日 藤岡町(旧)、小林村が合併し、
 藤岡町が誕生,/B>
昭和29(1954)年4月1日 神流村、美土里村、美九里村と
 合併して、藤岡市が誕生
26日野村 市町村ID:10B0110007
代表点:藤岡市 地域つくりセンター日野 (藤岡市日野)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 上日野村、下日野村、金井村が
 合併し、日野村が誕生
昭和30(1955)年3月1日 藤岡市に編入
27入野村 市町村ID:10B0110008
代表点:高崎市 深沢公民館 (高崎市吉井町深沢)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 石神村、小串村、黒熊村、深沢村、
 多比良村、中島村、馬庭村、小暮村、岩井村が合併し、
 入野村が誕生
昭和30(1955)年1月15日 吉井町、多胡村、岩平村と
 合併して、新制吉井町の一部になる
28八幡村 市町村ID:10B0110009
代表点:高崎市 南八幡市民サービスセンター 高崎市山名町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 山名村、根小屋村、木部村、
 阿久津村が合併し、八幡村が誕生
昭和31(1956)年9月30日 高崎市に編入
29美九里村 市町村ID:10B0110010
代表点:藤岡市 地域づくりセンター美九里 (藤岡市神田)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 本郷村、根岸村、川除村、牛田村、
 神田村、矢場村、三本木村、保美村、高山村が合併し、
 美九里村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 藤岡町、小野村、美土里村、
 小野村と合併して、藤岡市の一部になる
30美原村 市町村ID:10B0110011
代表点:藤岡市 美原三区コミュニティセンター(藤岡市保美濃山)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 譲原村、保美濃山村、坂原村が
 合併し、美原村が誕生
昭和29(1954)年10月1日 鬼石町、三波川村と合併して、
 新制鬼石町の一部になる
75美土里村 市町村ID:10B0110012
代表点:藤岡市 地域づくりセンター美土里 (藤岡市下大塚)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 上大塚村、中大塚村、下大塚村、
 篠塚村、本動堂村、上落合村が合併し、美土里村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 藤岡町、小野村、美九里村、
 小野村と合併して、藤岡市の一部になる
31平井村 市町村ID:10B0110013
代表点:藤岡市 地域づくりセンター平井 (藤岡市緑埜)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 緑埜村、東平井村、西平井村、
 鮎川村、白石村、三ツ木村が合併し、平井村が誕生
昭和30(1955)年3月1日 藤岡市に編入
32群馬郡/
北群馬郡
金島村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0130001
代表点:渋川市 金島公民館 (渋川市金井)
 ※「金島ふれあいセンター」併設

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 金井村、祖母島村、川島村、
 阿久津村、南牧村が合併し、金島村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 渋川町、古巻村、豊秋村と
 合併して、渋川市の一部になる
33駒寄村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0130002
代表点:吉岡町 駒寄住民センター (北群馬郡吉岡町大久保)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 大久保村、漆原村が合併し、
 駒寄村が誕生
昭和30(1955)年4月1日 明治村と合併して、吉岡村の
 一部になる
34古巻村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0130003
代表点:渋川市 古巻公民館 (渋川市八木原)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 有馬村、八木原村、半田村が
 合併し、古巻村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 渋川町、金島村、豊秋村と
 合併して、渋川市の一部になる
35渋川町令和6(2024)年5月市町村ID:10B0130004
代表点:渋川市 中央公民館 (渋川市渋川)

<町の変遷>
明治22(1889)年4月1日 町村制施行により、渋川町が発足
昭和29(1954)年4月1日 古巻村、豊秋村と合併して、
 渋川市の一部になる
36長尾村平成24(2012)年10月市町村ID:10B0130005
代表点:渋川市 子持総合支所 (渋川市吹屋)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 北牧村、白井村、吹屋村、横堀村が
 合併し、長尾村が誕生
昭和35(1960)年9月1日 白郷井村と合併し、子持村が成立
37桃井村平成30(2018)年10月市町村ID:10B0130006
代表点:榛東村役場 (北群馬郡榛東村新井)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 山子田村、新井村、長岡村が
 合併し、桃井村が誕生
昭和32(1957)年3月30日 相馬村(一部)と合併し、
 改めて桃井村が成立

昭和34(1959)年8月1日 改称し、榛東村となる
38白郷井村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0130007
代表点:渋川市 上白井中組自治会館 (渋川市上白井)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 上白井村、中郷村が合併し、
 白郷井村が誕生
昭和35(1960)年9月1日 長尾村と合併して、子持村の
 一部になる
39豊秋村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0130008
代表点:渋川市役所 (渋川市石原)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 石原村、湯ノ上村、中村が
 合併し、豊秋村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 渋川町、金島村、古巻村と
 合併して、渋川市が成立
40 明治村
吉岡村
令和6(2024)年5月市町村ID:10B0130009(明治村)、10345A1968(吉岡村)
代表点:吉岡町役場 (北群馬郡吉岡町下野田)

<村の変遷>
・明治22(1889)年4月1日 上野田村、下野田村、小倉村、
 北下村、南下村が合併し、明治村が誕生
昭和30(1955)年4月1日 駒寄村と合併し、吉岡村が成立
平成3(1991)年4月1日 町制施行し、吉岡町となる
41邑楽郡
伊奈良村令和元(2019)年5月市町村ID:10B0140001
代表点:板倉町役場 (邑楽郡板倉町板倉)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 岩田村、板倉村、籾谷村、
 内蔵新田が合併し、伊奈良村が誕生
昭和30(1955)年2月1日 西谷田村、海老瀬村、大箇野村と
 合併して、板倉町が成立
42永楽村 市町村ID:10B0140002
代表点:千代田町 後呂新田集会所 (邑楽郡千代田町舞木)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 福島村、舞木村、新福寺村、
 鍋谷村と、赤岩村、瀬戸井村の各一部が合併し、永楽村が誕生
昭和30(1955)年3月31日 富永村、長柄村と合併して、
 千代田村の一部になる
43海老瀬村令和3(2021)年12月市町村ID:10B0140003
代表点:板倉町 東部公民館 (邑楽郡板倉町朝日野)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 町村制施行にて、海老瀬村が発足
昭和30(1955)年2月1日 西谷田村、伊奈良村、大箇野村と
 合併して、板倉町の一部になる
44館林町平成19(2007)年6月市町村ID:10B0140004
代表点:館林市役所 (館林市城町)

<町の変遷>
明治22(1889)年4月1日 館林町(旧)と、谷越村、当郷村、
 成島村の各一部が合併し、館林町が誕生
昭和29(1954)年4月1日 郷谷村、大島村、赤羽村、六郷村、
 三野谷村、多々良村、渡瀬村と合併して、館林市が成立
45郷谷村令和6(2024)年4月市町村ID:10B0140005
代表点:館林市 郷谷公民館 (館林市当郷町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 田谷村、四ツ谷村、新当郷村、
 当郷村(一部)が合併し、郷谷村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 館林町、大島村、赤羽村、六郷村、
 三野谷村、多々良村、渡瀬村と合併して、館林市の一部になる
46高島村 市町村ID:10B0140006
代表点:邑楽町 高島公民館 (邑楽郡邑楽町石打)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 藤川村、秋妻村、石打村が
 合併し、高島村が誕生
昭和30(1955)年3月1日 中野村と合併し、中島村の
 一部になる
47佐貫村 市町村ID:10B0140007
代表点:明和町 矢島公民館 (邑楽郡明和町矢島)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 須賀村、大輪村、川俣村、矢島村、
 大佐貫村、大輪沼新田が合併し、佐貫村が誕生
昭和30(1955)年3月1日 千江田村、梅島村と合併し、
 明和村一部になる
48三野谷村 市町村ID:10B0140008
代表点:館林市 三野谷公民館 (館林市上三林町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 上三林村、下三林村、野辺村、
 入ヶ谷村が合併し、三野谷村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 館林町、大島村、赤羽村、六郷村、
 郷谷村、多々良村、渡瀬村と合併して、館林市の一部になる
49(小泉村)
 小泉町
令和3(2021)年9月市町村ID:10B0140009
代表点:小泉町 北部公民館 (邑楽郡小泉町北小泉)

<町の変遷>
・明治22(1889)年4月1日 上小泉村、下小泉村が合併し、
 小泉村が誕生
明治35(1902)年7月25日 町制施行し、小泉町となる
昭和32(1957)年3月31日 大川村と合併し、大泉町の
 一部になる
50西谷田村令和6(2024)年4月市町村ID:10B0140010
代表点:板倉町 北部公民館 (邑楽郡板倉町西岡)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 除川村、西岡村、西岡新田、離村、
 細谷村、大荷場村、大曲村が合併し、西谷田村が誕生
昭和30(1955)年2月1日 海老瀬村、伊奈良村、大箇野村と
 合併して、板倉町の一部になる
51赤羽村令和6(2024)年4月市町村ID:10B0140011
代表点:館林市 赤羽公民館 (館林市赤生田町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 赤生田村、羽附村が合併し、
 赤羽村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 館林町、大島村、六郷村、郷谷村、
 三野谷村、多々良村、渡瀬村と合併し、館林市の一部になる
52千江田村 市町村ID:10B0140012
代表点:明和町 江黒郵便局 (邑楽郡明和町上江黒)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 千津井村、江口村、江黒村、
 田島村、斗合田村が合併し、千江田村が誕生
昭和30(1955)年3月1日 佐貫村、梅島村と合併して、
 明和村一部になる
53多々良村 市町村ID:10B0140013
代表点:館林市 多々良公民館 (館林市西高根町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 日向村、木戸村、高根村、成島村、
 谷越村が合併し、多々良村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 館林町、大島村、六郷村、郷谷村、
 三野谷村、赤羽村、渡瀬村と合併し、館林市の一部になる
54大箇野村令和3(2021)年12月市町村ID:10B0140014
代表点:板倉町 南部公民館 (邑楽郡板倉町大高嶋)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 大高島村、下五箇村、飯野村が
 合併し、大箇野村が誕生
昭和30(1955)年2月1日 海老瀬村、伊奈良村、西谷田村と
 合併して、板倉町の一部になる
55大川村令和3(2021)年9月市町村ID:10B0140015
代表点:大泉町役場 (邑楽郡大泉町日の出)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 仙石村、吉田村、古海村、古氷村、
 寄木戸村、坂田村が合併し、大川村が誕生
昭和32(1957)年3月31日 小泉町と合併し、大泉町が成立
56大島村令和6(2024)年4月市町村ID:10B0140016
代表点:館林市 大島公民館 (館林市西高根町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 町村制施行により、大島村が発足
昭和29(1954)年4月1日 館林町、郷谷村、六郷村、赤羽村、
 三野谷村、大箇野村、渡瀬村と合併し、館林市の一部になる
57中野村
中島村
邑楽村
平成29(2017)年1月市町村ID:10B0140018(中野村)、10B0140017(中島村)
      10B0140023(邑楽村)
代表点:邑楽町役場 (邑楽郡邑楽町中野)

<村の変遷>
・明治22(1889)年4月1日 中野村(旧)、鶉村、光善寺村、
 鶉新田村が合併し、中野村が誕生
昭和30(1955)年3月1日 高島村と合併し、中島村が成立
・昭和31(1956)年9月30日 千代田村の一部(旧長柄村域)
 を編入
昭和32(1957)1月1日 改称し、邑楽村となる
昭和43(1957)年4月1日 町制施行して、邑楽町となる
58長柄村 市町村ID:10B0140019
代表点:邑楽町 長柄公民館 (邑楽郡邑楽町篠塚)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 篠塚村、狸塚村、赤堀村が
 合併し、長柄村が誕生
昭和30(1955)年3月31日 富永村、永楽村と合併して、
 千代田村の一部になる

(・昭和31(1956)年9月30日 旧:長柄村域が千代田村から
  分離し、中島村に編入)
59渡瀬村 市町村ID:10B0140020
代表点:館林市 渡瀬公民館 (館林市足次町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 足次村、傍示塚村、大新田村、
 岡野村、上早川田村、下早川田村が合併し、渡瀬村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 館林町、郷谷村、六郷村、赤羽村、
 三野谷村、大箇野村、大島村と合併し、館林市の一部になる
60梅島村
明和村
平成19(2007)年6月市町村ID:10B0140021(梅島村)、10522A1968(明和村)
代表点:明和町役場 (邑楽郡明和町新里)

<村の変遷>
・明治22(1889)年4月1日 新里村、梅原村、南大島村、
 中谷村が合併し、梅島村が誕生
昭和30(1955)年3月1日 千江田村佐貫村と合併して、
 明和村が成立

平成10(1998)年10月1日 町制施行し、明和町となる
61富永村
千代田村
平成19(2007)年6月市町村ID:10B0140022(富永村)、10523A1968(千代田村)
代表点:千代田町役場 (邑楽郡千代田町赤岩)

<村の変遷>
・明治22(1889)年4月1日 上五箇村、萱野村、上中森村、
 木崎村、下中森村と、瀬戸井村、赤岩村の各一部が合併し、
 富永村が誕生
昭和30(1955)年3月31日 永楽村長柄村と合併して、
 千代田村が成立

・昭和31(1956)年9月30日 村域の一部(旧:長柄村域)が
 分離し、中島村に編入
昭和57(1982)年4月1日 町制施行し、千代田町となる
62六郷村 市町村ID:10B0140024
代表点:館林市 六郷公民館 (館林市新宿)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 新宿村、小桑原村、青柳村、
 堀工村、近藤村、松原村が合併し、六郷村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 館林町、郷谷村、渡瀬村、赤羽村、
 三野谷村、大箇野村、大島村と合併し、館林市の一部になる
63利根郡
久呂保村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0150001
代表点:昭和村 地域活性化センター(利根郡昭和村森下)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 川額村、栃久保村、森下村が
 合併し、久呂保村が誕生
昭和33(1955)年11月1日 糸之瀬村と合併し、昭和村の
 一部になる
64古馬巻村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0150002
代表点:みなかみ町役場 (利根郡みなかみ町後閑)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 後閑村、政所村、真庭村、下牧村、
 師村、上牧村、大沼村、奈女沢村が合併し、古馬牧村が誕生
昭和30(1955)年4月1日 桃野村と合併し、月夜野町が成立
65糸之瀬村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0150003
代表点:昭和村役場 (利根郡昭和村糸井)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 糸井村、貝之瀬村が合併し、
 糸之瀬村が誕生
昭和33(1958)年11月1日 久呂保村と合併し、昭和村が成立
66沼田町令和元(2019)年6月市町村ID:10B0150004
代表点:沼田市役所 (沼田市西倉内町)

<町の変遷>
明治22(1889)年4月1日 町村制施行により、沼田町が発足
昭和29(1954)年4月1日 利南村、池田村、薄根村、
 川田村と合併して、沼田市が誕生
67水上村平成24(2012)年10月市町村ID:10B0150005
代表点:みなかみ町 水上支所 (利根郡みなかみ町湯原)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 小日向村、寺間村、小仁田村、
 川上村、高日向村、湯原村、阿能川村、谷川村、鹿野沢村、
 吉本村、大穴村、湯檜曽村、幸知村、綱子村、向山村、
 粟沢村、夜後村、藤原村が合併し、水上村が誕生
昭和22(1947)年10月10日 町制施行し、水上町となる
68赤城根村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0150006
代表点:沼田市 利根出張所 (沼田市利根町輪組)

<村の変遷>
・明治22(1889)年4月1日 日影南郷村(北勢多郡)、青木村、
 砂川村、輪組村、多那村、石戸新田、根利村、生越村、小松村、
 柿平村、日向南郷村(利根郡)が合併し、赤城根村が誕生
昭和31(1956)年9月30日 東村と合併し、利根村の
 一部になる
69川田村 市町村ID:10B0150007
代表点:沼田市 川田地区コミュニティセンター(沼田市下川田町乙)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 川田村、下川田村、今井村、岩本村、
 屋形原村が合併し、川田村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 沼田町、利南村、池田村、薄根村と
 合併して、沼田市の一部になる
70池田村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0150008
代表点:沼田市 池田地区コミュニティセンター(沼田市発知新田町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 下発知村、発知新田、奈良村、
 秋塚村、岡谷村、中発知村、上発知村、佐山村が合併し、
 池田村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 沼田町、利南村、川田村、薄根村と
 合併して、沼田市の一部になる
71東村平成21(2009)年9月市町村ID:10B0150009
代表点:沼田市 利根町振興局 (沼田市利根町追貝)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 平川村、追貝村、大楊村、穴原村、
 薗原村、大原新町、老神村、高戸屋村、千鳥新田村が合併し
 東村が誕生
昭和31(1956)年9月30日 赤城根村と合併し、利根村が成立
72桃野村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0150010
代表点:みなかみ町 月夜野会館 (利根郡みなかみ町月夜野)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 月夜野村、小川村、石倉村、上津村、
 下津村が合併し、桃野村が誕生
昭和30(1955)年4月1日 古馬牧村と合併し、月夜野町の
 一部になる
73薄根村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0150011
代表点:沼田市 薄根地区コミュニティセンター(沼田市下沼田町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 下沼田村、善桂寺村、堀廻村、原村、
 大釜村、宇楚井村、石墨村、戸神村、町田村、白岩村、井土上村、
 恩田村、硯田村が合併し、薄根村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 沼田町、利南村、川田村、池田村と
 合併して、沼田市の一部になる
74利南村令和6(2024)年5月市町村ID:10B0150012
代表点:沼田市 利南地区コミュニティセンター(沼田市上沼須町)

<村の変遷>
明治22(1889)年4月1日 戸鹿野村、戸鹿野新町、沼須村、
 上沼須村、下久屋村、上久屋村、横塚村が合併し、利南村が誕生
昭和29(1954)年4月1日 沼田町、薄根村、川田村、池田村と
 合併して、沼田市の一部になる